「社労士試験にたった169日で合格した勉強法」 梅田浩一 感想

このサイトは、「社労士試験にたった169日で合格!“トリプルライセンス”梅田浩一のらくらく勉強法」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。

「社労士試験にたった169日で合格した勉強法」 梅田浩一 感想



詳細はこちらをクリック


社労士試験は169日あれば合格できます。


社労士試験は難関試験だとされています。確かに、合格率5%だとか、3年勉強しないと合格できないと言われているのを聞けば、難しい試験であることは間違いありませんが、・・・


それも、勉強のやり方しだいで、天と地ほどの違いがでるのです。


例えば、社労士試験の受験生が使うテキスト。1000ページ以上もある分厚いものですね。このテキストを最初から完璧に勉強しようとすると、ほとんどの受験生がどつぼにはまります。


そもそも、テキストの4割の範囲しか社労士試験には出題されないのです。この事を知っているのと知らないのでは、単純に考えて2.5倍も勉強の負担が違うわけです。


記憶の定着のさせ方でも、大きな差ができます。同じ時間の勉強で何倍も効率が変ってくるのです。やはり、てきるだけ効率的な勉強法を行いたいですよね。


その点、社労士試験に一発合格した人、短期合格した人の勉強方法は非常に参考になります。例えば、次のようなマニュアルがあります。


『社労士試験にたった169日で合格!“トリプルライセンス”梅田浩一のらくらく勉強法』


梅田浩一氏は169日の勉強で、社労士試験に一発合格を果たしました。しかも、法律知識ゼロからのスタートです。


当然ですが、超効率的な勉強法を実践しないとこんなに短期間で合格できません。マニュアルには、そのあたりの具体的な勉強方法や合格までのスケジュールが詳しく説明されています。


梅田氏の勉強法で重要な点は、


■ ノートを一切使わない
■ インプット即アウトプット
■ 細切れ時間の有効活用


の3つです。


「ノートを一切使わない」とは、非常識的ですね。でも、超効率的な勉強法なので、非常識な部分があって当然です。


「インプット即アウトプット」は、記憶の定着に威力を発揮します。闇雲に暗記しようとすると、たいへんなだけで、記憶に残りません。要領のよい方法で勉強しないと、そのうちテキストを見るのがイヤになってしまいます。


ぜひ、成功者のノウハウを取り入れて、社労士試験短期合格を果たしてください。


なお、梅田氏の勉強方法は行政書士やFPなど、他の資格試験に応用することができます。実際、梅田氏は社労士・行政書士・FPの三冠です。



詳細はこちらをクリック





このサイトは、「社労士試験にたった169日で合格!“トリプルライセンス”梅田浩一のらくらく勉強法」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




MOS パソコンスキルアップ30時間プログラム レビュー


『実践凡人からのハイブリッド集中力』 田中孝憲 レビュー


リスニングパワーTOEIC スコットペリー レビュー


社労士試験にたった169日で合格した勉強法 梅田浩一 レビュー 効果 感想